睡眠や食生活など薄毛を改善させる為に良い生活の習慣とは

数年前から、自分の毛髪が薄くなってきてるなと感じ始めました。

シャンプーの際に鏡を見ると、濡れた髪の量が前よりも少ないように思えたり、
洗い流す時にも、結構多い量で髪の毛が抜けている気がしていたのです。

このままではまずい。きっと髪の毛が無くなってしまう。という危機感に襲われた私は、
早速、薄毛対策をすることを決めました。
しかし、決めてみたもののいざ行動となると、何をしていいのやら分らない状態だったのです。

しかし、そう迷っていた時に凄く力強い人と出会うことが出来たのです。
それは、大学時代からの友人でした。その人は、大学時代から毛髪が薄く
言い方が悪いのですが、将来は禿げるなと予想していた人物でした。

しかし、その人と偶然にも出会うと、あの頃の薄毛は見る影もなく
髪の毛はフサフサだったのです。見た瞬間は目を疑いました。
あまりにもすごい変わりようだったので、カツラではないのかと聞いたほどでした。

そんな劇的な良い変化を実現した友人なら、きっと良い薄毛対策の情報を
得られるだろうと思い、育毛剤をたくさん使ったのか?とか薄毛対策のクリニックとかに
通ったのか?とか色々と食事をしながら質問をしました。しかし、友人からの返答は
とても予想外の内容だったのです。

それは、生活習慣を見直すということでした。
髪の毛というのは、健康的な生活がしっかりすれば健康的に育つということだったのです。

それを聞いて、私自身はとても腑に落ちました。
実際、私の生活は仕事ではストレスを溜めてしまいリフレッシュすることもなく
家に帰っては寝る時間を削ってまでゲームや暴飲暴食を繰り返していたからです。

これではいけない。すぐに習慣を変えなくては。
友人との会話を通して、そう決心しました。

早速、ストレスの原因になっていることは一人で抱え込まずに相談するように。
仕事帰りは休日には、体を動かしてリフレッシュ。
夜更かし・暴飲暴食を止めて、早寝早起きで野菜中心の食生活へと切り替えました。

生活習慣を見直して1年が経過した頃。
薄かった毛髪が少し増えてきた感じが目に見えて分るようになったのです。
それが分かった瞬間はとても嬉しかったです。

まだまだ、健康的な毛髪のために出来ることはあるので、
これからも良い生活習慣を続けていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です