薄毛や抜け毛に悩む人の為の髪の毛に良い成分が含まれている物

今や男性の3人に1人が悩んでいると言われている薄毛。
男性ホルモンの分泌量や遺伝やストレス、食生活と様々な要因があります。
男性ホルモンの量は体質ですからどうすることもできません。
同じように遺伝についても解決することはできません。
ではストレスはどうでしょう。
これは、ストレスとなっている要因によっては解決が可能かもしれませんが、大体にしてストレスは原因が1つではなく、いくつもの要因が重なりあって引き起こしていることが殆どですので、解決するまでに時間がかかりますし、場合によっては解決できないこともあるでしょう。

食生活であれば自分次第で替えることができます。
薄毛に良くないと言われるている食べ物があります。
もしそのような類の食べ物を多く摂取しているのであれば、なるべく摂らないようにしてはどうでしょうか。

では薄毛に良くない食べ物とはどのような食べ物なのか。
まず挙げられるのが動物性脂肪を多く食べ物です。
動物性脂肪を過剰に摂取してしまうと皮脂が過剰に分泌されてしまいます。
この結果、頭皮の毛穴が詰まってしまい薄毛につながります。
動物性脂肪を多く含む食品としては、肉類は勿論ですが、バターやチーズなどの乳製品や卵などが挙げられます。

次に挙げられるのが刺激の強い食べ物です。
カレーやコーヒー、キムチなどが挙げられます。
これら食材を摂り過ぎると過剰に汗をかいてしまい、頭皮が油っぽくなってしまいます。
これも毛穴がつまることに重なってしまい薄毛に繋がると言われています。

また、食べ物ではありませんが、アルコールを過剰に飲み過ぎることも薄毛にはよくありません。
アルコールを過剰に摂取することによって肝臓に負担がかかってしまい、髪の毛の育成に必要なタンパク質が正常に作られなくなるのです。
適度なアルコールは血行の促進に繋がったり、ストレスを軽減する役割もあり髪の毛に良いのかのしれません。
しかし、過剰に飲み過ぎることだけは避けたほうが良いでしょう。

薄毛を解決するために、まずは薄毛に良くない食べ物をなるべく摂らないことから初めて見るのも良いのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です